自己肯定感を高めて自信を持つ方法

成長

「自分に自信が中々持てません。いつもオドオドしたり、すぐに自分のせいだと思い込んでしまいます。これは自己肯定感が低いから?どうすれば、自己肯定感をあげれますか?もう少し精神的に楽に暮らしたい、、、。」

今日はこういったお悩みに答えます。

本記事の内容

・自己肯定感を高める方法

最初に言っておくと

自己肯定感を高めたいならこの本がオススメです🌼         

ちなみにAmazonプライム会員なら、Kindleで無料で読めます〜

実はミス・ユニバースに出場される方も自己肯定感を本番前までに高めて挑むそうです。いくら、美してくも堂々としていない人と、内面から自信が溢れ出る人では、美しさのレベルに孔雀と不死鳥ぐらいの差が出てくるんですって。

「いや、そこまでものは求めていなんだけど!」というのもあると思いますので、めっちゃ一般人の私の例をあげます。

この記事を書いているベーは16歳〜22歳ぐらいまでは自己肯定感が低かったです。

・自分はブスだから似合う服がない

・何かが起きたらすぐに自分のせい

・自分はできない子だから

こんな感じでグサグサ自分を攻撃して生きてきました。

ですが、今は少し自己肯定が上がり、少し自分を楽にしてあげることができるようになって、こんな感じで考えることができました。

・この服似合うかも!✨

・それは、あれが原因でしょ?

・こうして、こうしたらできるんじゃね!?

この記事を読むことで、こんな感じで今までよりも自己肯定感が上がり、自分に自信がつきます。そしてちょっと強い自分に出会えます。

目次

  • 自己肯定感とは
  • 自己肯定感が低い人の特徴
  • 自己肯定感を高める方法

自己肯定感とは

Jill WellingtonによるPixabayからの画像

自己肯定感(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり[1]自尊心英語: self-esteem)、自己存在感、自己効力感英語: self-efficacy)、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

なんだか、いざ見ると難しそうですけど、、、

要するに、

自分で自分を肯定できる能力が高いか、低いか、どうか

肯定感が低いと自己否定が強くなる傾向があります。

自己肯定感が低い人の特徴

Free-PhotosによるPixabayからの画像

自己肯定感が低い人の特徴は、何をするのにも自信がなくオドオドしてしまうが挙げられます。

というのも、「自分なんて、、、何も価値がない。」というマインドが当たり前だからです。

私の話になりますが、家を出るまでは下記の要素でしか、      親から褒めれたことがありません。

  • テストの点
  • 姉にはできなかったことができた時

記憶にあるのがこれくらい。

基本的に「私」という存在に対して私そのものではなく、      誰かとの相対評価でしか、親に判断されたことがありません。

それゆえに、私も「人よりも何ができるか」でしか、自分のことを見ていなかったです。だけど、できない自分が嫌いで、消えてしまいたいとも強く思っていました。

そして、普通に「自分は生きる価値がない。」と認識していました。

根本的マインドがマイナス!!!&自己否定のオンパレード!!

褒め方でそんなに影響があるの?

影響はめっちゃあります。
親元で育つ高校生ごろまでは、親の言動=洗脳。
悪い洗脳だと、、、子供は悪影響を受けます。

敗北ちゃん
敗北ちゃん

なので、自己肯定感が少ない人は何をするのにも自信がなくてオドオドしがちです。

自己肯定感を高める方法

klimkinによるPixabayからの画像

では、どうすれば自己肯定感が上がるのか?

ここからはこの二冊の本を読んだ中で、効果があった方法を紹介します。

  • 自分の好きなところ100本ノック
  • 子供の頃の自分を抱きしめる
  • 肯定してくれる人を探す

自分の好きなところ100ノック

これは言葉通りです笑

  1. 紙に1〜100まで数字をふる
  2. 自分の好きなところを書く

これだけ。これは正直、時間がかかります。

だけど、100個書くとね、変化がおきます☺️ うふふ

詳しくはこちらからどうぞ〜!

子供の頃の自分を抱きしめる

やり方は下記の通り

  1. 目を閉じる
  2. 幼い頃のぼんやりした自分を脳内に召喚する
  3. 召喚した自分に声をかける
  4. 召喚した自分の表情が明るくなる
  5. 終わり

2.幼い頃のぼんやりした自分を脳内に召喚する

本当にぼんやり。

私の場合はハガレンの真理の人型のやつです。

ぼんやり。めっちゃぼんやりです。

そんなぐらいでいいです。

3.召喚した自分に声をかける時のポイント

幼い頃に、親にかけて欲しかった言葉をかけてあげてください。

例えば、

大丈夫だよ。

生きているだけでいいんだよ。

そのまんまで大丈夫だよ。」 とか。

幼い頃に、いっぱい何かを我慢して、

幼いが故に言葉にできなくて、言葉にしたかった言葉も

いつしか忘れてしまった大人になってしまいました。

だけど、大人になった今、自分を癒せるのは自分です。

むしろ、己は己で鍛えるしかない。

だから、幼い自分に声をかけてください。

あの時行き場のなかった気持ちを

大人のあなたが整理してあげてください。

4.召喚した自分の表情が明るくなる

声かけを行うと、なんか、

私の真理ちゃんが少し困った顔をして「本当に?」って聞いてくるんですよ。

「そこで本当だよ」って涙がドバーって出てくるんですけど、

それと同時に私自身に「安心」が生まれます。

最後に真理ちゃんは少し、オドオドしますが立ち上がって

「じゃあね!」って走り出してしまいます。

これで、終わりです。

まだまだ、私は「肯定される」ことに対して、胸がきゅっとなります

慣れていないから、安心するけれど、罪悪感が残っています。

肯定してくれる人を探す

これはぶっちゃけると彼氏・彼女を見つけるのが早いです。

ちょっと惚気ますが、

今の彼氏は私が存在することに対して、普通に肯定してくれます。

おるだけで幸せ。」「可愛い。」とか会う度に褒めてくれるんです。

そのお陰で「あ、私は存在していてもいいんだ。」と最近は自分は存在してもいい生き物だと思えています。

彼氏・彼女から肯定してもらうのすごく嬉しいんですが、      注意点があります。

それは、相手に依存はしないこと。

「彼氏が言うから、彼女が言うから、生きていける。」はアウト

別れたら、せっかく高められた自己肯定感も、           もう一回振り出しに戻ってしまいます。

最後に

自己肯定感が低いと、必要以上にストレスを抱えてしまい、

生きるのが辛いです。

この記事を読んで少しでも、楽に人生を送れる方が増えるといいなあ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最近、寒くなってきたのでお体にお気をつけください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました