【ダイエット】停滞期の過ごし方

いい感じで体重が落ちてきたのに最近めっきり痩せない、、、もしかして停滞期かも!?どうやって過ごせばいいの!?

今日はダイエットが順調に進んでいたのに、やることは変わっていないのに、ある日から体重が減らなくなったり、増えたりしてしまう状態に陥っている方のお悩みにお答えします。

この記事を読むと、停滞期が来ても、「ドーン」と構えて過ごすことができます。

本記事の内容

  • 停滞期を上手に乗り越える方法

停滞期を上手に乗り越える方法

  1. 停滞期とは
  2. 停滞期の過ごし方
  3. 停滞期にしてはいけないこと

1.停滞期とは

短期間で体重が落ちてしまうと、体がドッキリしてしまい「維持」をしようと動きます。そのため、体重が下がりにくい&全く下がらない、むしろ増加するという現象が起きます。そのことを停滞期といいます。

この停滞期の怖いところは、「こんなに頑張っているのに、どうして痩せないの!!」となって、心が折れてしまうポイントでもあるからです。だけど、停滞期はダイエットが成功している証でもあります。

停滞期という壁

2.停滞期の過ごし方

停滞期は、上記でも述べましたが、体重が落ちません。本当に落ちません。私は抜けるまで1ヶ月から2ヶ月ぐらいかかりました。

58kg台をずっと彷徨っていました。食事を減らしたり、運動量を増やしたり、やっても全然落ちなくて正直、一回諦めました。

もう、過度に食べない、運動をすることを辞めました。もともと、していたオートミールを食べて過ごし、寝る前は足パカと壁掛けをするを、1ヶ月半を黙々と作業をしていました。

そうすると57kg台へ、スルッといきました。そしてその後も何回かは増減しましたが、一気に1.5週間ほどで、55kg台へ突入しました。あまりにもスルッといき過ぎて、怖くて一度めちゃくちゃ食べて、56kgへ戻しました。ていうぐらい、停滞期を抜けると体重が落ちます。

なので、あえて「いつ通りのダイエット生活」を送っていました。

ただ、変えたところは足パカをクロスするようにしたとか、ぐらいで、ほとんど運動面においても変化はなしです。

え?いつも通りのダイエット生活でも、いいんですか?でもそれって本当に落ちるの、、、?

落ちます。

停滞期は、私の仮説ですが、「軽くなった体重を体が覚える期間」だと考えています。停滞期になった時に通常のダイエット中よりもお腹が熱くなることが多く、「なんか、体が頑張っている。」という印象を受けました。実際、その通りでその週間が1ヶ月ほど続き、徐々に落ちて行きました。

だから、あまり体を刺激させないように過ごしてあげることがベストです。停滞期と思っても、焦らず、いつも通りのダイエット週間を過ごしてください。

3.停滞期にしてはいけないこと

停滞期にしてはいけないことは、上記にもちらほら出ていますが、下記の2点です。

  • 過度な食事制限
  • 過度な運動量

過度な食事制限をなぜしてはいけないのか、、、

食事制限は絶対反動が、精神的にも身体的にも大きいからです。

停滞期だからといって、普段よりも食事量を下げてしまうと、体がその量、栄養に慣れてしまうと、普段通りの食事に戻った時に、体が受けきれずに脂肪になりやすいです。

また、「あんだけ我慢したのに、痩せていない。」となりやすく、ブルーな気持ちになります。そして、やけ食いに繋がってしまう、、、

負のループに陥りやすいから、一日りんご一個とか、過度な食事制限はタブーです。

過度な運動量をなぜしてはいけないのか、、、

こちらは別にしてもいいですが、ダイエットするのが嫌になりやすいです。

こちらも食事制限同様に「あんだけ動いたのに全然痩せていない、、、もう嫌だ、、、」となりがち。というかなりました。

だから、私はもうしないようにしています。

しかし、運動は代謝をあげるためには必要だから、体重を落とすためにするのではなく「体を絞る」という目的でするのならアリです。

筋トレ、ウォーキングなどなど。

毎日の習慣として取り入れるのは全然おっけーです。

だけど間違っても「痩せ目的」ではしないように。停滞期の運動は心が折れやすい。

停滞期は何か特別なことをしたら、痩せる、乗り越えられるというものではありません。

勉強・運動でも最初は下記のグラフのようにグーンと上達しますが、ある一定期間になると、全然上達しないという状態が必ずあります。平坦になっているところですね。これを「プラトー」と言います。だけど、しばらくするとまたグーンと上がり始めます。

これはダイエットの停滞期=プラトーだと置き換えて考えることができます。なので、この期間に諦めずにコツコツダイエットを続けることが大事です。

まとめ

停滞期の過ごし方は、いつも通りのダイエット生活を送ることがベストです。

なぜ、必要以上に食事制限、運動をしないのかは、「あんだけやったのに、、、ダメだった、、、」と心を折れないようにするためです。

正直、緩い感じですけど、それでも私は着実に体重を落としているので自信を持っておすすめします。

「焦らず、焦らず、なすべきことをする。」これがダイエットの極意なのかと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました