食べすぎた次の日の体重なんて、もう怖くない!【ダイエット】

ダイエット
ダイエット中なのに、、、食べすぎてしまった、、、増えた体重を元に戻したい!食べすぎた時に早く体重を落とす方法を教えてください!!!

こういったお悩みに答えます。

本記事の内容

食べすぎて増えた体重を2日で落とす方法

食べすぎて増えた体重を2日で落とす方法

  1. 体重を落とす方法は「プチ断食」がおすすめ!
  2. 食べすぎたことを「後悔」すると余計にダメ。
  3. 体重を調整できるようになると、体重計に乗ることが怖くない。

1.体重を落とす方法は「プチ断食」がおすすめ!

食べすぎた体重を2日で元に戻す方法は運動よりも「プチ断食」がおすすめです。

というのも、食べすぎた次の日にフルで断食にしてしまうと体が飢餓モードに入ってしまい体に栄養を蓄えようとするので、余計に太ってしまいます。運動で減らすこともいいのですが、運動した後ってご飯を逆にお腹いっぱい食べたいってなりがち、、、だから、少し食べる「プチ断食」があまりストレスが強くなく痩せやすいからです。

私自身、よく飲み会で食べすぎてしまうことがあります。お酒を飲むとお腹に同時にものも入れたくなり、次の日体重が増えて悲しみまくった過去があります。以前書いた記事に記載した体重の折れ線グラフですが、よくみると赤丸のところは体重が増加しています。食べてます笑

でも、すぐ体重が落ちているのは、「プチ断食」をしたからです。

私は食べすぎた次の日は、お腹がいっぱいで気持ち悪くて朝ご飯は入らないので、バナナと水を飲んで会社に行っています。

お昼はオートーミールおにぎりを食べる。夜は水を飲んでオートミールとヨーグルト、あとは水を飲むという生活を一日送ると大体2日後には体重がストンと落ちて元に戻ります。

ここで「結局、食事制限なら、食べすぎた次の日は全く食べなければいいんでしょ?」という声もあるかと思いますが、最初に述べた通り、完全に断食をすると体が飢餓モードに入るので逆に痩せにくくなります。また完全に断食をしてしまうと、、、絶対食欲が強くなってしまい、また食べ過ぎを繰り返してしまいます。そのため、「プチ断食」をおすすめします。

私はオートミールですが、お昼ご飯の白米を半分にしたり、会社でおやつを食べないようにしたりとカットできるところはカットしていきましょう。夜ご飯はお味噌のみとかもいいですよ。そして、とにかく水を飲んで体内を循環させるとすぐに体重が元に戻ります。

2.食べ過ぎたことを「後悔」するよりも「原因分析」を!

これは、「食べ過ぎちゃった。。。」と後悔してしまうとそこで思考がストップしてしまいます。これではいつまで経っても痩せません。なので、「なぜ食べ過ぎてしまったのか?」と「後悔」するよりも「分析」してください。「分析」をすると対策がうてるので、次の食べ過ぎを防ぐことができます。

基本的に人間は必要以上に食欲は持ち合わせていないと考えています。そのため、必要以上に食べ過ぎる方には何かしらの要因があります。それは常に食べ物がある環境や心理的ストレスが挙げられます。

過去に私が68kgまで増えた時は、「勉強をして、能力を高めないといけない。」と思いながらも腰を上げれるずっと部屋で動画を見続けていました。これは今ならわかりますが「しないといけないと分かっていても、しない自分。」に対してストレスを感じていました。そのため、満たすために食事を必要以上に撮り続けた結果、デブになりました。

しかし、当時は「何にもしていないのに今日もこんなに食べてしまった。」という「後悔」でずっと自分を責めており、このこともまた過食を増進することに繋がっていました。

この「心が満たされないから、食事で満たす。」という思考に至るとデブまっしぐらです。

だから、食べ過ぎたことを「後悔」するのではなく、「なぜ食べてしまったか。」を分析してください。

「分析とかめんどくさい」と思う方へ

分析といってもそんなにたいそうなことではなく、「何で食べてしまったんだろう?今日はイライラすることがあったけ?」でもいいんです。

大事なのは、食べ過ぎた自分に対しての疑問を持つことだから。まずはここから、始めてください。何も考えなければ、何回も食べ過ぎを繰り返してしまいます。

最後にもう一度言いますが、食べ過ぎたことを「後悔」する前に「原因分析」をしましょう!脱、デブロード、デブ思考。

3.体重を調整できるようになると、体重計に乗ることが怖くない。

「プチ断食」を身につけて、食べ過ぎても二日でリセットできるようになると体重計に乗ることが怖くなくなります。

というのも、「昨日、なぜ、食べたのか?何を食べたから、今日はこれぐらい増えているだろう。」と自分の体重に対して、「なぜこの数字になったのか」を見るようになるからです。

こうなってくると体重に一喜一憂もしなくなるし、停滞期でも体重よりも自分の体と向き合えるようになるので、淡々と体を絞っていくようになります。しかも、ダイエットのストレスが少なくなるので、心理的にも楽になります。

なので、「プチ断食」を身につけて、「食べ過ぎた原因を分析」する癖をつければ、ダイエットが苦ではなくなります。

最後まで読んでいただきありがとうございました✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました