【職場の人間関係】愛想振りまくけど、ぶりっ子じゃねーよ。

こんばんは。

 

日々、職場で愛想を振りまいて円滑に物事を進めている私です。

 

愛想は幼い頃から振りまいていました、、、

末っ子なもんで、生まれた時から身についている愛想です。

 

なので、小学校時代から「ぶりっ子」とかなんか、言われていました。

ぶりっ子した覚えがないから、わかんないけど。

姉からもぶりっ子って言われまくっていました。が

甘やかされるのは、理由がある。

職場でも可愛がられる、気にかけてもらえるのには理由がある。

 

私の仕事は常に誰かにお願いをしなければならない部署なので、

人間関係はデリケートにやるしかないです。

 

でも、一言言いたい。

「ぶりっ子じゃーねから。男ウケとか全く狙ってないし!」

むしろ女性と仲良くなるためにしています。

 

ぶりっ子って思われないように普段私が気をつけていることを書きます。

 

本記事の内容

  • 愛想を振りまいても勘違いされなくなる方法
  • 愛想を振りまくことのメリット
  • 職場の人間関係を円滑にするために大事なこと

 

 普段は派遣OLで、常に人と人の間に立って仕事を行なっています。

調整事ばかりなのですが、常に激務な部署です。

 

多分、私のこと嫌いな人はいるとは思いますが、

派遣されてから9ヶ月目で特に人間関係でクレーム等なく、

上司から「よくコミュニケーションをとってくれているおかげで、摩擦があまりない。」と評価されています。

 

愛想を振りまいても勘違いされない方法

勘違いされないためにすることは下記の通り。

 

①仕事に集中

まずは、これ!

目の前の仕事に集中しましょう。

仕事を頑張っている姿をきちんと見せることです。

ここで好感度アップ。

あと、仕事でわからないことはきちんとリスト化にして、

上司の忙しい山を越えたところで質問し、

上司にきちんとお礼を言うこと。

 

そうやって、少しずつ関係を愛想を振りまきつつ重ねていけば、

良好な関係が築けます。

ただし、波長の合う人に限るんですけどね。

 

②仕事の関係での付き合いとはっきりさせる

これは男性とやりとりすることが多い女性におすすめ。

飲み会の話の内容や、普段会話する内容は、

基本的に全部仕事の話。

 

自分からプライベートの話とか話題を提供しないこと。

 

徹底的に仕事の話をする。

 

気になるようだったら、相手から聞かれるはずです。

嫌ではなかったら、答えればいいし、

嫌だったら、適当にあしらっていけばいいと思います。

 

こうやって、「テメェとは仕事上の付き合いだぜ!」と徹底的に

明かしていくことが大事です。

 

③必要以上に絡まない

②と似ているのですが、飲み会は毎回参加しない。

自分のペースでいいと思いますが、あまり参加すると会話する量も増えて、

飲み会だから、テンションも上がって余計愛想振りまいちゃうから

大変です。

だから、私は自己防衛でたまに飲み会にはいくようにしています。

 

また、お昼休みは

みんなで集まって食べているところもあるようなのですが、

自分の席でゆっくりと一人で食べている方もいます。

 

そうやって適切な距離を保つことが大事です。

 

愛想はいいけど、媚は売らないってやつですね。

 

 

愛想を振りまくことのメリット

 

いくらね、徹底して仕事をしていても 

愛想を振りまけば、「ぶりっ子」とか言われたり、

「男好き」とかどうしても言われてしまうことがあると思います。

でも、逆にメリットも多いんです。

私が恩恵を特に感じるメリットは下記の3つです。

 

質問しやすい&されやすい関係になる。

普段から、ニコニコと朗らかにいる人って話しかけやすいですよね?

そんな人だったら、わからないところが聞きやすいし、

その人が質問に来た時に、「なるべく早く返答してあげよ!」って気持ちに

自然となるので、関係が良好だと仕事で迷う時間が減るので生産性が上がります。

頼まれ&頼みやすい関係になる。

これも上と似ていますが、

いつもにこやかに「かしこまりました!」って言ってくれる人ってめちゃくちゃ良くないですか?「今はこれをしているので、これが終わってからでもいいのであれば!」とか良くないですか?

いつも嫌な顔せずに頼み事を聞いてくれる人って、

「いつもありがとう。」とか「いつも悪いな。」とか気持ちが芽生えます。

なので、こちら側も「これ、お力をお借りしたいんですが、手伝っていただけますか?」とか「どうしてもわからなくて、教えてください。」とか言いやすいいんですよね。

この信頼関係を作る堆肥として、愛想を振りまくのはおすすめです。

何かが起きた時に守ってもらえる。

良好な関係を築いていれば、例えば、変な噂話を流されたり、嫌なことを言われた時に

「そうじゃないと思うけど。」とか「そんなことないよ。」とか

気にかけてもらえるし、間に立ってもらえます。

それだけで、すごい気持ちも楽になります。

仲良くなるために愛想振りまいていて良かったと思いました。

 

職場の人間関係を円滑に仕事をするために大事なこと

 

 社会人2年目ですけど、結局ね、わかったことは

職場で円滑に仕事を進めるため、愛想も振りまいていかないといけないけど、

何よりも「きちんとお礼が言えるか、どうか。」です。

 

気軽に「ありがとうございます!」って言えるかどうかのために

愛想はあるわけです。

 

「先ほど、教えてもらったやり方でやったら、スムーズに進みました!ありがとうございます!」とか聞きに言った後に実行して、その後にきちんと事後報告としてお礼が言えるかどうかです。

 

教えてもらうために相手の時間を削るだけ削って、

できたのかどうかも、わからないって自分だったら嫌です。

 

だから、事後報告としてお礼をきちんと言うことが大事です!

 

最後に

 

現在、私は社会人2年目、今の会社では9ヶ月目。

前職は店頭販売員、現在は事務職。

年齢もあり、今は人の下で揉まれて仕事をしています。

色々と悩むこともありましたが、苦しい時ほど、

助けてくれる方がたくさんいます。環境に恵まれているなあとつくづく思います。

愛想を振りまくことは私は決して悪いことではないです。

だから、愛想を振りまくことをおすすめしています。

諸刃の刃で振りまきすぎると「ぶりっ子」になるから難しいんですけど、

仕事を頑張っている姿を見せることでそのようなことはある程度は払拭されます。

だけど、言う人は言ってくるのが職場です。

その時は人に相談しましょう。

 

苦しくなる前に人に相談しましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました